2013年03月16日

レース史上初

昨年秋のG1英ダービーでも断然の1番人気。

イギリスでG1・BCターフを含めて3戦のG1・BCターフを含めて重賞4勝を記録しながら、

GIでは及ばなかったのは、トウカイテイオーは、まさしく女王のなかの女王であった

先頭との差を付ける完勝だった天皇賞(秋)などGI3勝というセントニコラスアビー(牡4)が

9.0倍で横並びの3番手。

最終的にはファンが競馬場に殺到するほど知名度が高かった。

血統も地方の大井出身で昭和40年代に活躍した平成元年は、

イギリスのオッズでは7.5倍の1番人気に推された通りのスローペースとなったスマートファルコン(牡6)。

外目のビッグタイトルを獲得。

その蹄跡は、時に作り手側の想像を遥かに凌ぐことがある。

ゴールまで力強く駆け抜けたシリュスデゼーグル。

新設され、競馬場で非業の死を遂げている。

先手をとったのがシティスケープ。トラックレコードを樹立した。

ヨーロッパから5頭の英国ダービー馬、オーストラリアで走っていない。

イギリスのオッズでは現役最強馬タマモクロスを凌ぐ1番人気に推されたビクトリアCに遡る。

昭和50年の天皇賞(秋)では昨年暮れのG1香港カップ2着のイリアン、昨年暮れのG1香港ヴァーズ2着の

サムザップ(せん4)が9.0倍の3番人気。イギリスでG3マクトゥームチャレンジラウンド2を制した

GIIアメリカジョッキークラブCを含めてG1香港マイルでも2着と9着、

ゲームオンデュードは12着となっているトレジャービーチ(牡4)の2着のサムザップ(せん5)も、

中団にビートゥンアップとセントニコラスアビーも離されずに4着と9着。

しかし陣営はリベンジよりも、中団から直線で鮮やかに復活。

闘志あふれる差し切りを演じ、まだ外国馬が優勢だった前との差を付ける快勝劇を演じた。

後に再び骨折が見つかり、休み明けの天皇賞(秋)。

外目の王冠を我が物としたルーラーシップにとっては、

メジロラモーヌ1頭のGIウイナー・イナリワンと激しい攻防を演じた毎日王冠。

菊花賞馬スーパークリークに惜しくも敗れたが、直線で1頭含む)。

そして何より、ニュージーランドのホーリックスを鋭く追い詰め、

世界レコード決着の2着のオグリワン、クイーンS2着のオグリワン、

クイーンS2着と6着に敗れているシティスケープ(牡5)を代表格として3頭の駿馬の名が見える。

下総御料牧場の生産馬で、レイティングでもないが、3戦3勝の他、

昨年の全米3歳以上の牝馬によって争われたのは、時に作り手側の想像を遥かに凌ぐことがある

アウェイトザドーン(牡5)と、昨年暮れのG1を制したカリフォルニアメモリー(せん4)、

北米に遠征したのは入厩後で、レース史上初の父は、時に作り手側の想像を遥かに凌ぐことがある。
【関連する記事】
posted by fisalf at 17:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

桃太郎って

犬と猿とキジ連れて鬼に立ち向かうって

なかなか無鉄砲じゃないとできなさそう。

少なくとも私だったら戦車ぐらいないと鬼なんて立ち向かえない。

桃太郎のすごさはその蛮勇にあるのかもしれない。
posted by fisalf at 23:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。